So-net無料ブログ作成
検索選択

  free-paper発行人のブログは記事としてまとまったものを載せることにしました。
  日々の出来事は「free-paper発行人の日常(別館) 」をご覧ください。

資格一覧 [学問・資格]

ライセンス資格を大雑把に分けると次の3つですかね。
免許:持ってないとその業務ができない
資格:持っていると技能ありと認められる
その他:趣味の免状など

自分の取得した資格を示します。
△は上位資格を取得したものです。

■無線免許
○第1級陸上無線技術士
○第1級アマチュア無線技士
△第2級アマチュア無線技士
△電話級アマチュア無線技士(現:第4級アマチュア無線技士)

■有線免許
○電気通信主任技術者(第1種伝送交換)
○工事担任者(アナログ・デジタル総合種)

■情報処理資格
○プロジェクトマネージャ 2004/12合格
○テクニカルエンジニアネットワーク
△第1種情報処理技術者(現:ソフトウェア開発技術者)
△第2種情報処理技術者(現:基本情報技術者)

■電気・電子系資格
ラジオ音響技能検定2級
△ラジオ音響技能検定3級
△ラジオ音響技能検定4級

■運転・操縦免許
○普通自動車運転免許
○普通二輪車運転免許
○1級小型船舶操縦士(5t限定) 2004/11限定解除
○特殊小型船舶操縦士

■語学資格
○実用英語検定2級
△実用英語検定3級
△実用英語検定4級

■その他
○剣道初段
○エレクトーン10級
△エレクトーン11級
△エレクトーン12級

取得記などは追々。


受験の実際 [学問・資格]

会社の夏休みなので、会場は実家のある都市にした。
9時に会場集合。持ち物は鉛筆、三角定規、デバイダ、コンパス。
途中道が込んでて、着いたのは9時を少し回ってしまった。

受験番号13番。部屋に入ると13番の札の席が空いているのが目につく。
が、そこは2級受験者の席だった。
受験会場にいるのは3種類の人。
2級5t限定
1級5t限定(旧4級あり)
1級5t限定(いきなり受験)

9時15分から身体検査。といっても視力検査と簡単な問診だけ。
途中、色弱でひっかかってるっぽい人がいたが、問題なし。
視力検査が済み、10時半の学科試験までは自由。
部屋を出て廊下の席で問題を再度確認。
周りにいた人らはヤマハスクールに行ったようで、
問題集など入ったブリーフケースというかな、
透明のプラケースのようなのを持ってた。

ジュースを飲んで部屋へ戻る。
学科試験が始まる頃、2級の13番の人が来た。
「遅れてきてる奴がいる」
と言ってる声が聞こえたけど、
学科試験で落ちた人なんじゃないかな。

まず1級の海図が配られる。あ、やられた。練習で使わなかった200号。
旧4級のテキストに載ってたし、入手はしてたけど、
実際練習しなかったよな。
試験問題が配られ、試験開始。
海図の問題は難しくなく、難なく解けた。
試験後に話してる人が「150号は海図が変」
みたいなこと言ってた。
なんか、他のHPで例題解いてるのをみても、
少しずれてるようなんだよな。
「でも200号はずれないよな」てな声。
自分もそう思った。
2級、1級ステップアップ組は70分で試験終了。11時40分に退出。
試験後、廊下のドアに解答が貼り出される。
一生懸命写したけど、2級の解答じゃん。自分に関係ないや。

一旦実家に戻って、試験終了の12時50分にまた会場へ。
解答が貼り出される。自己採点では14問中2問間違い。
ヤマハボート教室講師も解答を写していた。
帰るとき「お疲れさまでした」って言われたけど、
ヤマハの講習は受けてないんだ、実は。


ステップアップの料金は? [学問・資格]

旧4級→新1級(5t限定)へのステップアップ
いくら位かかるんだろう?

ヤマハ 35,800円
■A教室 34,900円
■B教室 29,800円

ううむ、こちらもかかるなぁ。

B教室の宣伝文句に
「更新の際に¥11,000の費用を要しますが、
 ¥29,800で1級(5トン限定)免許を取得できますので、
 この機会に是非、ボート免許のグレードアップは
 いかがでしょうか?」

なるほどそれならこの機会にと思うわ。

ヤマハ教室の内訳は
・受講料金 18,900円
★身体試験  3,200円
★学科試験  5,900円
★免許申請  7,800円

★印は個人で一発受験の場合もかかる費用。
と思いきや、免許申請には海事代理士の手数料も入ってる。

さらに詳細に分けると
★印紙代 1,500円
・手数料 5,300円

ボート教室や海事代理士には頼まず、全て自力で申請なら、
かかるお金の合計は 10,600円。
内訳
身体試験  3,200円
学科試験  5,900円
免許申請  1,500円

これは、更新するよりも安いんじゃないか?

自分はこの他に、
・小型船舶操縦士学科教本2 1029円+税
・練習用海図150号、200号の2枚 300円+税
(海文堂:150円、成山堂:100円です)
これを入れても、
ヤマハ教室で免許更新を頼むよりも安く済みました。


免許更新料はどれくらい? [学問・資格]

ボート免許の更新料金はどれくらいかかるのか。

ヤマハボート教室
■更新  12,000円
■失効  19,000円

ずいぶんかかるなぁ。その他にやってる所はないのかな?

【その他の教室の例】
■更新  11,000円
■失効  17,500円

そういえば、前回の更新講習を受けた時、免許の申請を
自分でやる人がいたなぁ。自分ではできないのかな?

【自分で行う場合】
■更新  講習時間:約1.5時間
身体検査料   730円
講習受講料 3,160円
申請手数料 1,500円
料金の合計 5,390円

■失効  講習時間:約3時間
身体検査料   840円
講習受講料 7,500円
申請手数料 1,500円
料金の合計 9,840円

講習の中身はボート教室に頼んでも自分で申込しても全く同じ。
違う点は、講習の申込、免許の申請をやってもらえるということ。
特に、免許の申請は本人以外は海事代理士でないとできないので、
運輸局に行けない人はお任せするしかなかった。
今は、更新については郵送でもできる。
じゃあ、自力でやってもいいかな。


独学で小型船舶1級にチャレンジ [学問・資格]

その後、ボートの免許を使う機会もないまま、2回更新。
また更新の時期だと思っていたら、免許制度が変わることを発見。
よし、1級を取ろうじゃないか。

という訳で、独学で1級にチャレンジしました。

体験記は近いうちに書き込みます。
また、試験問題は下記の掲示板に書き込みました。
Yuichi's HomePage 4級小型船舶操縦士チャレンジ


ボート免許取得 [学問・資格]

周りが船乗りばかりの環境にいたこともあり、
入社した年にボートショーに行って
ヤマハのボート教室を申し込み、
4級の免許を手にしたのは入社二年目の春。

が、元商船の先輩は海外へ転勤。
ヨット部の先輩は田舎で家業を継ぐために退社。
自分も他の部署へ異動してしまったこともあり、
会社で船の話題が出ることもなくなった。


船乗りばかり [学問・資格]

そして会社に入って配属された部署は自分を含めて総勢6人。
その半分以上が船乗りだった。
・商船を降りて陸に上がってきた先輩(プロだ)
・会社のヨット部に入ってる先輩(現役だ)
・ゴムボートを湖に浮かべて釣りをする主任(一応船乗り?)
残りの二人は記憶は定かではないけれど。
クルーザーを乗り回す課長(記憶違いかも)
・元自衛官(海自だったらこの人も船乗り)
そしたら全員船乗りじゃん。


ボート免許との出会い? [学問・資格]

ボート免許ってのがあるってことは、昔から知ってたけど、
免許を持ってる人を見つけたのは大学4年の時。
研究室の先輩が4級の免許を持っていて、
そのオヤジさんは1級を持っていたとか。
機会あったら船に乗せてやると言われながら、
機会がないまま大学を卒業してしまった。


無線技術士 [学問・資格]

電気通信主任技術者の詳細は、追々Informationに
「個人的ライセンス資格」として載せていきます。

その資格をもとに取ったのが
■第1級陸上無線技術士■
三笠書房の本に書いてあったとおり。
電気通信主任技術者(第1種伝送交換)を持ってると
法規と無線工学2(空中線系)だけ受ければよくて
あとは科目免除。
科目合格制度を利用して
1回目で法規のみ合格、
2回目はNG、
3回目で無線工学Bに合格
そして無事免許が取れました。

電気通信主任技術者って
電気通信関係で最高の資格とされているらしい。
だから、こいつを持ってれば無線技術士も科目免除になると。
自分的には、無線技術士の方が難しいっす。
学生時代に受けた時は、まだ予備試験ってのがあって
それに受からないと本試験を受けれなかったんですが、
箸にも棒にも引っかからなかった感じ。
今だって、無線工学の基礎とか、無線工学Aとかあったら受かるの難しいな。


資格を10倍速で取得? [学問・資格]

三笠書房から表題のようなタイトルの本が出たので
チョロッと見てみました。
小型資格から順にステップアップしていく。
例として
工事担任者→電気通信主任技術者→陸上無線技術士
が挙げられてましたけど、
自分は電気通信主任技術者から取りました。

■電気通信主任技術者
こいつは科目合格が認められてて
2年間(4回の試験)で4科目受かればよい。
で、自分は4回受けて1科目ずつ合格して2年で取得。
本当は一発で受かるつもりが、なかなか受からなかった..。

続く


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。