So-net無料ブログ作成
検索選択

  free-paper発行人のブログは記事としてまとまったものを載せることにしました。
  日々の出来事は「free-paper発行人の日常(別館) 」をご覧ください。

ホテルオークラ東京ベイ [ナイスな企業]

ディズニーランド(2010/8/10のブログ)へ行った後、
ホテルオークラ東京ベイに宿泊。
チェックインすると、担当のホテルマンが部屋まで案内。
途中、「どこから来たのか」などと世間話を振られる。
予約の時も、宿帳にも書いたんだから分かっているだろうに。
まぁ、全て丸っとお見通しの上でネタとして話してるんだろう。
「○×です」
「すると、電車は○△線ですね」
惜しい。○鉄線だよ。△の文字はどこにも入らない。
ディズニーランドに閉園近くまでいて、
子供がみんな寝てしまったので車に乗せたままだと話すと、
「ここら辺りでは、子供が王様ですからね。」

そのホテルマン、設備の使い方を一通り説明した後、
朝食について気になることを言う。
「明日はディズニーランドが8時に始まりますので、
 その前は込むと思いますのどご承知おき下さい。」
じゃあ、その後に行けばいいんだろう。

次の日、子供達は普段より早くから目が覚めていたが、
「レストランが込む」と思っていたので「もう一回寝な。」と寝かせる。
そして、8時半頃にレストランに行くと、激込み。
仕方ない。名前を告げて待つことにする。
下の娘たちは嫁と一緒にディズニーファンタジーで土産物を物色。
しかし、上の息子はそんなのはつまらない。
待っているのもつまらないし、早くご飯食べたい。
結局、食事が済んだのは10時過ぎだった。

「ホテルオークラなんかつまらない。」と息子。
確かに、自分から見てもつまらない。
子供が王様ならその言葉に従い、もう来ることはないだろう。

シャワーを浴びてチェックアウト。
ディズニーリゾートラインを一回り。
そしてシャトルクルーズで再度ホテルに戻る。

嫁が娘達をトイレに連れて行っている間、ロビーに
立体プリクラ・プリCUBE」の販売機が置いてあるのを発見。
息子が「招き猫が欲しい」というので作ってやると
「これ、お母さんに見せたら、きっとびっくりするぞ。」だと。
案の定、嫁はびっくり。そして、娘達にも作るはめに。

真ん中の娘は動いてばかりで、写真撮影が上手くいかない。
しまいには、顔ではない場所が選択され、
それも本人ではなくて☆KEYのシャツが映る始末。
で、ホテルの人に言って、再度撮影できるように依頼。
暫くして、ようやく機械のセットができて撮影再開。
何か上手く写らないけど、まぁ、よしとしよう。

駐車場から出るとき、既に延長料金が発生している。
出口の駐車券挿入の場では、ホテルの人が何やら作業中。
「こちらにお泊りですか?」
「はい、昨日から。」
「それでは、今回は特別に延長料金は結構ですので。」
たまたま作業の途中にバーを上げる手順があったのか、
「作業なので」と言いながら、結局はサービスしてくれた訳だな。
さすがホテルオークラ東京ベイ。

次の日、家で風呂に入った時
「どうしてホテルのお風呂は足が載せれるの?」
と息子に聞かれる。
ホテルだから大きいんだとか言ったら、一応納得していた。
バスタブの側面の幅が家の風呂なんかと違って、大きいんだよ。
水張りがたったの1分という高水圧。
そりゃ、ヘナチョコな風呂じゃ、壊れちゃうだろう。

で、息子の評価もいつの間にか
「ホテルオークラ東京ベイ、面白かった。」
に変わってました。
次に行く機会があれば、食事は朝一だな。
もっと込んでいるのかもしれないけど。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。