So-net無料ブログ作成
検索選択

  free-paper発行人のブログは記事としてまとまったものを載せることにしました。
  日々の出来事は「free-paper発行人の日常(別館) 」をご覧ください。

人にものを頼む時は 寄付・募金(2) [気になること]

時を同じくして、卒業した高校の同窓会から
「母校創立90周年記念募金のお願い」
なる手紙が届いた。
「母校と同窓会の今後の発展のため」と称して
・90周年記念事業
・同窓会活動基金
を目的とする募金活動だと言う。
趣旨は分からないことはない。
100周年記念なら、それでは一つ出しておいて、ミレニアムに名を飾るか、
となるんだけど、今回は90周年記念。
昔ならば、「よし、頑張れよ」と早速振り込みに走ったろう。
今は振り込め詐欺も横行していることだし、そんな軽率なマネはできない。
という所は置いておくとして、
納得がいかないのは「集金」の「方法」である。

「募金金額:一口5,000円以上で目標額3,000万円」

まず、一口5,000円って金額はどうだ?
「人にものを頼む時は 寄付・募金(1)」
http://free-paper.blog.so-net.ne.jp/2010-07-17
に書いたお祭りの寄付なんて、目安200円。
もちろん、商店やら地元有力者といった人々は5000円とか、
あるいは万単位で寄付して名前が掲示されるようなセレブな人々。
班長さんが一軒一軒集めて回る一般ピープルとは違うだろう。
が、同窓生全員に一律送りつけてるってことは、相手は一般ピープルだぞ。
「名前を掲載してやるから金を出せ」では、名簿商法と変わらないじゃんか。
班長さんが「神社に掲載されるから5000円出して」とは絶対言わないでしょう。
それとも、地域によってはそれが普通なんでしょうか。
金銭感覚おかしいよ、それ。

同封の振り込み用紙に書かれた金額は5000円。
こういうのって、例えば
「一口1,000円で5口以上を目安。
 5口未満でも、一口未満でも有り難く頂戴致します」
とあれば、1000円くらいなら出してもよいって人も応募できる。
あるいは、「母校のためだ、10万円出そう」って人もいるだろう。
それを一律5000円ってどういうことだい。
金額欄は空白にしておくのが妥当ではないかい?

続いて目標額3,000万円。
この妥当性は良く分からないけど、良しとしよう。
3,000万円集めるには何人が応募すればよい?
3000[万円]/0.5[万円/人]=6000人
卒業生が30000人以上ってことは、
卒業生のうちの2割しか応募しないってことかい。
というか、応募しないだろうと決めつけてる訳だな。
一人1000円で全員が応募する方が、みんなが母校を愛してるって風なのに。

ちなみに、募金活動を始めてから4ヶ月経って、応募者は1800人程。
当初想定人数の3割。
残りの期間で達成できそうもないから「重ねてのお願い」なんだろうが、
気持ちよく「出してやろう」という気にさせないと、達成は難しいんじゃない。

ということを、募金を始めた人達は分かってるんでしょうかね。

例によって、金額などの数字はテキトーです
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0