So-net無料ブログ作成
検索選択

  free-paper発行人のブログは記事としてまとまったものを載せることにしました。
  日々の出来事は「free-paper発行人の日常(別館) 」をご覧ください。

無線従事者免許の取得 [学問・資格]

資格一覧(2003/8/30のブログ)に挙げた資格について、
まずは無線免許から自分の持っている資格を中心に紹介します。
ちなみに、ケータイにも無線の免許があります。

略称 正式名称
1陸技第1級陸上無線技術士
1アマ第1級アマチュア無線技士
2アマ第2級アマチュア無線技士
電話アマ
(現4アマ)
電話級アマチュア無線技士(現:第4級アマチュア無線技士)


概要
放送局などの無線局で仕事をするのに必要な免許。車で言えば運転免許などに相当。これとは別に放送局自体の免許もあって、こちらは車で言えばナンバーに相当。客としてタクシーに乗るのに免許は要らないように、携帯電話も客として通話に使う分には免許は要りません。

詳細
無線関係の免許は、無線通信士、無線技術士、特殊無線技士、アマチュア無線技士、の4つに分けられます。(日本無線協会のHPでは総合、海上、航空、陸上及びアマチュアの5つに区分)特殊無線技士は「特殊」という文字がついてますが、通信士や技術士よりもレベルは下です。車で言えば、無線技術士が整備士、無線通信士が大型、特殊無線技士が普通車、アマチュア無線技士が二輪・原付、といったところでしょうか。
学科が一番難しいのは無線技術士。無線通信士の学科はもう少し簡単ですが、問題は実技。アマチュアの1~3級もモールス符号を知ってないといけませんが、プロは知ってるだけではまず歯が立ちません。昔、第3級無線通信士(現:第3級総合無線通信士)を3回受験しましたが、全てモールスで不合格となりました。

取るには
(財)日本無線協会で試験を受けるのが基本ですが、養成課程を受ける手もあります。つまり、講習でも取れます。特殊無線技士、航空無線通信士は日本無線協会で、アマチュア無線は(財)日本アマチュア無線振興協会でやってます。
アマチュア無線の講習会で使うテキストは総務省認定の『初級アマチュア無線教科書』(日本アマチュア無線連盟発行)ですが、こんな教科書を全部覚えなくても、『完全丸暗記』(成文堂新光社発行:通称『完丸』)や、『要点マスター』(CQ出版社発行)が把握できれば、国家試験一発でOKです。

モールス電信技能認定
国家試験とは関係なく、(社)日本アマチュア無線連盟が認定しています。アマチュアが級なら無線通信士は有段者って感じです。自分のイメージでは、3級総合通信士で2段、2級で3段、1級は4段くらいかな。ちなみに、現在のアマチュアのモールスは昔に比べて簡単になっていて、第1級アマチュア無線技士でもモールス電信技能認定の3級レベルです。

受験記
追々、書いていきます。

今後の予定 情報処理、電気通信、英語、車、ラジオ音響、その他

Free Paper HPの雑文より加筆修正。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0